おむすび屋めぐりメグッテ全国制覇

おむすび屋キッチンカーで全国を巡る旅

ボクはこうして旅をした

 どうも、読書したいが読み始めると寝ているコバシです。

旅のルートが気になったので辿ってみた

f:id:u115027ushunya:20170408095536j:plain

  1. スタート鳥取⇒岡山⇒広島(尾道、福山)⇒石川(白山)⇒岐阜⇒北海道(釧路)⇒青森(八戸)⇒岩手(花巻)⇒栃木⇒東京⇒愛知(名古屋)⇒京都⇒兵庫(尼崎)⇒高知(高知、四万十町)⇒徳島⇒尾道岡山鳥取鳥取、鹿野、用瀬)⇒福岡(久留米、八女、矢部村)⇒熊本⇒久留米、八女⇒長崎⇒大分(杵築、国東)⇒兵庫(明石)⇒ゴール和歌山(高野、那智勝浦)

                  2016.5/30~12/24 ※赤は再度行ったところ

ややこしい

半年間で約20県を巡った

なぜこんなにややこしいルートになったのか?

 

このルートの理由
  1. ワクワクしたから
  2. ご縁をたどる
  3. 再開

 

1.ワクワクしたから

岡山県に滞在中イベントでおむすび売っていると「旅する大道芸」と出会いついていくことにした

そのルートが石川、岐阜、北海道である

正直のところ北海道に行くことは迷った

フェリーで敦賀~苫小牧まで片道3万5千円(車付き)

高いと思ったが行かないと後悔するから行くことにした

行ってみて交通費でお金がぶっとんだが行ってよかった

話しで聞くのと生で見にいくとでは全然違うわけではない

頭で理解するより体で理解するタイプ

この目でみて確認したいからだ

親にお金を借りたのはここだけの秘密

2.ご縁をたどる

当初は1県1ヶ月滞在で4年計画を考えていた

しかし始まって1ヶ月足らずでこの計画を変更した

旅をしていると面白い情報が飛び交っているのが目に付く

準備不足もあるが珍道中にするためには

あまり計画しないほうがいいと感じた

計画するとせっかくの面白い話しも断らなくてはいけない

余白も必要だ

私が行くと決めていたのは岡山、高知、和歌山である

そのあとは流れに身をまかせた

するとあれよこれよという間に行き先が決まった

私はこれで良かった

 

3.再開

旅でいろんな人と出会い価値観が大きく変わった

散らばっている破片を拾い上げ自分だけの作品をつくる

コバシの自分探しの旅はこんなイメージ

死ぬまで拾い上げるだろうがこの旅でだいぶ拾った

感謝し尽くせない

恩返しではないけど成長した姿をみて欲しかった

だからもう一度会いに行った

旅中にいったところは尾道、岡山、鳥取だけだが

旅が終わってもいろんな所に足を運ぶつもりである

 

以上がボクの旅話しである 。

マイホームがないので気持ちは絶賛旅中なのはここだけの秘密

 

※次回のコバシさんシリーズは最近ウソついているのでしばらくお休みします