おにぎり君のニギニギ話し

おむすび屋開業に向けての話し

鳥取「大山館」でおむすび販売!拠点があるのは面白い!!

 どうも、鳥取大山の麓「大山館」で住み込みバイトしているコバシです。

 

f:id:u115027ushunya:20170606183728j:plain

朝が辛い時でも大山の空気を吸えば目が覚める。ただ寒いだけなんだが

ここで旅館業務&おむすび担当をしている

夏山登山口から歩いて3分ということもあり

ちらほらおむすび求めにやってくる

「旅館のこともありおむすび作る時間がないわ」

「どうしたらいいの~誰かおむすび作ってー」

ということでボクがやってきた

daisenkan.jp

大山館

https://www.facebook.com/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E9%A4%A8-743668572469611/?fref=ts

おむすび屋ひとむすび

https://www.facebook.com/hitomusubi0312/?fref=ts

 

 販売しているおむすび

f:id:u115027ushunya:20170606184000j:plain

塩、ねぎみそ、梅わかめ、さばほぐし

山椒の新芽を使った山椒みそおにぎりもした

GW限定メニューの予定が思いのほか人気で6月頭まで販売した

4月末から販売し1ヶ月経って思ったことは拠点を持っておむすび販売することは面白いということ

なので今回は拠点の素晴らしさを綴る

拠点のよさ
  • いろんな人が訪れる
  • 連携
  • 毎日おむすび 

 

1.いろんな人が訪れる

みんなに大山でおむすび屋していると盛ったおかげで

毎日のようにいろんな所から友達が遊びにきてくれた

一番のサプライズが和歌山にいた頃遊んでた近所の子がおむすび食べに来てくれた!

実に8年ぶりの再開!!

当時中学生だったのが今では大学生

見違えるほど大きくなっていた

最初はまったく気づかずボクの名前を呼ばれても

「ハテ?」

相手が名前を名乗ると

「ああぁぁー!!」

昔話しに花が咲き

変わること変わらないこと

8年の月日は長いなーとしみじみ感じた

 

2.連携

大山ゲストハウス寿庵とコラボ!

寿庵さんがおむすび宣伝したところ

食い気味に反響があり、週末はちょこちょこ予約が入るようになった

そのほかにも大山情報館や近所のお店も紹介してくれているみたいであった

優しすぎ

助けられてばかりなので連携が取れるようにいろんな行事に顔を出そ!!

山と旅の宿 大山ゲストハウス寿庵 じゅあん(ju-an)大山登山

大山情報館(だいせんじょうほうかん)

 

3.毎日おむすび

以前は週末しか握らなかったが

今回は月おむすび、火おむすび、水 雨なので休み、木 コバシ休日、金おむすび、土おむすび、日おむすびと毎日のようにおむすび作っている

毎日作っているのに毎日違う

毎日学びがあり毎日発見がある

ポッとひらめき

そういうことだったのかと腑に落ちる

この一連の流れが面白い!!

たまにメニュー開発

山椒の実の佃煮は焦がしたせいなのか食べると感電するように舌がしびれる

失敗はつきもの

 

まとめ

 あまり拠点の良さを説明できてなかった気がするが

まとめると拠点をもつことで人が集まりいろんな人と連携し試行錯誤できる場所になる

ということ

めざせmy店舗
あと、キッチンカーも欲しいです

 

次回のコバシさんは「スプレーガンを使い軽トラをピンクに塗装してみた」です。